エラ削りでコンプレックスが解消されて自信がつきました

化粧で誤魔化せない顔の大きさ

エラ削り | エラ削り~顔面崩壊

昔からエラが張っていて、顔が大きいと言われ続けてコンプレックスになっていました。
子供の頃から言われ続けていて、そのせいかいつの間にか自信が持てなくなってしまい、何とかしたいと化粧で誤魔化そうとしましたが難しいです。
実際にエラが張っているので誤魔化しようがなく、化粧で陰影をつけるという方法も意味がありません。
何度かチャレンジしましたが、やはり違和感が残って、むしろ逆に目立つ場合もありました。
それでも学生時代は他の方法が見つからず、自分でも納得できない顔のまま暮らしてきて、本気で何とかしたいと対処法を調べ始めました。
するとエラ削りの施術が効果的だと分かり、コンプレックスを元からなくしてくれるのは嬉しいです。
ただ費用をはじめとして、施術の内容に不安を感じてしまいます。
大丈夫だと分かっていても美容整形というのは失敗のリスクがあり、実際に体験者の口コミをチェックすると、満足している人がいる一方で失敗したというケースもありました。
失敗のリスクは避けたいのが当然で、この方法は危険が大きいです。
しかし上手く行えばこれまで悩みとなっていたエラを対処することができて、自分に自信が付くような気がします。

頬骨整形のお陰で憧れのポニーテールができるようになりました

小学生の時から顔が大きいのがコンプレックスで、小顔ローラーや圧迫バンド、マッサージやボトックスなど様々なことをやってきました。
しかしその成果はむなしく、何の変化もなく沢山のお金と時間を無駄にしてきただけでした。
とにかく顔の横幅が目立つ感じで、笑うと余計に顔が大きく見えるので思い切り笑うことができません。
かなり頬骨が出ているのでその分顔の余白が多くなり、余計に目が小さく見える感じです。
そこで思い切って、小顔形成の代表的な治療である頬骨の整形を受けることにしたのです。
文字通り頬骨を削る整形手術なので怖さはありましたが、頬骨のでっぱりを解消すれば小顔に見え、若々しく見えるなどの効果が期待できそうなので勇気を持って決断しました。
正面から見た時に顔の横幅が少しでも小さくなるように、そして写真を撮る時思い切り笑えるようになりたい一心で手術を受けました。
今まで好きな髪型もできず、髪を耳にかけたことやポニーテールをしたこともなかったので、自由に髪型を変えてみたいという思いもかなりあります。
命をかけてまで骨を削ったのだから、絶対に良い結果になってくれないと困ります。
頬骨の整形を受けた気になる結果ですが、お陰様で術前よりもかなり小顔になり、憧れのポニーテールが抵抗なくできるようになりました。
コンプレックスである頬骨がなくなったことで、今は前向きに日々の生活を送ることが出来ています。

化粧で誤魔化せない顔の大きさエラ削りのリスクとトラブルについてエラを削る整形のおかげで前向きな性格になれた